それ、いつ完成するの?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

取手アートパス2017 光を その3

専門教育棟に入りました。

IMGP4144_2017122922053067f.jpg
この建物、中央部が吹き抜けになっています。

デザイン科 描画装飾研究室展

IMGP4145.jpg
『あめふり』 鈴木さらさん

IMGP4146.jpg

IMGP4147.jpg

IMGP4148.jpg
ページの一部を切り抜くことで独特の立体感が出ています。手前と奥の描写の違いでさらに際立たせています。

次はこちら
IMGP4164.jpg
GAP ロンドン×パリ ユニットプロジェクト報告展
東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻は2016年4月に新設されたばかりで、簡単に言うと国際的な現代アートをリードしていく人材の育成を目的にしています。
その一環として行なわれた、ロンドンとパリでのプロジェクトの展示です。

ロンドンプロジェクトのフォークストントリエンナーレ2017を一部紹介。

IMGP4153.jpg
『Bottle Mail』 原郷瑞希さん
大切な人へのメッセージを、瓶に詰めた手紙に託すことによって、相手との繋がりを再認識してもらうのが狙いのようです。

IMGP4155.jpg
こちらはその時の様子。

IMGP4157.jpg
『The Noren Project』 趙禎恩さんと高亢さんとのコラボレーション。
日本の暖簾に着想を得た作品で、パビリオンの入り口やフォークストンのレストランの軒先に掛けられました。
日本人にとって当たり前のものが、外国の人には新鮮に日本の文化として認識されている一つの例。

IMGP4159.jpg
『Chicken Chicken』 廖罗微さん
「双頭の鶏」という英語からの着想、パフォーマンスを披露。

IMGP4156.jpg
しかし、雨で一方のボディが行方不明。海辺で途方に暮れています。

IMGP4161.jpg
パビリオンの模型
ハニカム構造になっています。

このあと原郷瑞希さん個人の作品を見に行きます。

IMGP4166.jpg
『焦点』 原郷瑞希さん

IMGP4170.jpg
蝉の幼虫

IMGP4171.jpg

IMGP4176.jpg

IMGP4177.jpg

IMGP4188.jpg
そして成虫

2017/12/3

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
スポンサーサイト



| アート | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soreitsukanseisuruno.blog.fc2.com/tb.php/164-8639ecb8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT