それ、いつ完成するの?

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

PENTAX K-1の天体追尾機能を体験

日の沈む頃に合わせ高台に来ました。

IMGP3056.jpg
諏訪湖周辺は明かりが灯っています。

PENTAX K-1にはGPSが装備されていてアストロレーサーと言われる天体追尾撮影が出来ます。

IMGP3070.jpg
写真やや右上、『カシオペア』そこから追うと左中央に『北極星』逆に右上に『アンドロメダ銀河』が確認できます。

IMGP3071.jpg
南西方向に目を向けると木の枝ぎりぎりに『南斗六星』が見えます。

IMGP3072.jpg
北西方向は中央やや下に『白鳥座』、左に『アルタイル』、残念ながら『ベガ』は逃したようです。

赤道儀を使わずに天体追尾出来るのは機材が少なくてすむのでとても便利です。

今回、肉眼で見えなかった星や天の川が現像することによって姿を現しました。
機会があれば、またどこかで楽しみたいと思います。

2018/11/3

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6
スポンサーサイト

| 天体観測 | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |