それ、いつ完成するの?

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

素晴らしい標本の数々

東京大学に来ました。

IMGP0690.jpg
懐徳門から入ります。

IMGP0691.jpg
珠玉の昆虫標本』展を見に来ました。

IMGP0706.jpg
天井まで展示されていますが脚立はありません。

一部を紹介。

IMGP0741.jpg
箕作佳吉氏のコレクション
美しく輝いています。

IMGP0719.jpg
江田茂氏のコレクション
これって昆虫では無いそうです。
このムカデやサソリに刺されたら、一発で死にそうです。

IMGP0748.jpg
入り口の門、なんか変わってると思ったら、旧前田侯爵邸(懐徳館)西洋館の基礎の一部だとかで総合研究資料館の増築に伴う発掘調査で発見されたそうです。

IMGP0750.jpg
第二次世界大戦の中、昭和20年3月10日の東京大空襲で炎上し取り壊されたそうです。残っていれば重要文化財に指定されていたかも知れません。

展覧会は10月14日まで開催されています。なんと無料。

2018/8/16

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4
スポンサーサイト

| 昆虫 | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蝉の一生を垣間見る。

東京23区のとある場所。

土を掘り返していたら、白っぽい小さな虫がポロリ。

葉っぱの上に乗せてみました。

IMG_20170812_101401.jpg

特徴のある前足。
どうやら蝉の幼虫のようです。
背中に羽は見受けられません。

IMG_20170812_101431.jpg

幸い無傷の様なので、土に潜れそうな場所に移動しました。



別の日、23区の別の場所では脱皮して羽化したばかりの姿。

IMG_20170816_103531.jpg

IMG_20170816_103542.jpg

雨に打たれながらじっと耐えています。

IMG_20170816_142221.jpg

数時間後、色が蝉らしくなってきました。

IMG_20170816_151507.jpg

まだ、前足が白いままです。

このあと、近くで大きな蝉の声がしたのですが、ブロック塀にいた蝉の姿はありませんでした。
無事に飛び立ったみたいです。

蝉の一生を垣間見ました。

| 昆虫 | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |