それ、いつ完成するの?

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第67回 東京藝術大学 卒業・修了作品展 その2

東京藝術大学 卒業・修了作品展では数多くの作品が展示されていました。
その中から二作品をピックアップ。


IMGP4558.jpg
『kawaii object』 野澤梓さん(油画)
油彩に加えアクリル絵具で描かれていますが、自分にとっては新鮮な作品でした。

IMGP4561.jpg
こちらは横に置かれていた小さな絵で、同じ手法で描かれていると思われます。


IMGP4566.jpg
『絵印曼荼羅』 井口和也さん(油画)
わたくしの油画の概念をはるかに超えています。

最終日だったので展示時間が短く、全て観られなかったのが心残りですが、それでも多くの作品に出会うことが出来ました。

2019/2/3

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6
スポンサーサイト

| アート | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第67回 東京藝術大学 卒業・修了作品展

第67回 東京藝術大学 卒業・修了作品展では、グローバルアートプラクティス専攻の原郷瑞希さんが修了作品を発表されていました。GAP専攻での2年間の全てが注ぎ込まれた作品、『沈黙するストライキ』。

IMGP4569.jpg
土面で覆われた顔写真、オフィスデスク、ブラウン管テレビ、そして流れる映像と添えられた文章。これらの全てで一つの作品を構成しています。

IMGP4582.jpg

IMGP4584.jpg

IMGP4583.jpg

15分程に編集された映像には、人々の往来のある公衆の面前で自らの顔に土の面を盛る人。一方、音声は現在の労働とのかかわりに疑問を通り越して諦めの感をにじませながらも、何とか打開したいと考える若者の言葉。

IMGP4570.jpg

IMGP4578.jpg

今の世相の一部をよく捕らえた作品だと思いました。

IMGP4586.jpg
添えられた文章を読むと、この作品の成り立ちがうかがえます。

第二作目が待たれます。

2019/2/3

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| アート | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『主体』と『客体』と言う言葉に懐かしさを覚える

東京藝術大学取手アートパス2018に来ました。

IMGP3545.jpg

今年も様々なアートの姿に出会えるか、楽しみにしていたのですが、とても興味深いパフォーマンスを観ることができました。

先端学部3年の乾真裕子さんの『交錯する眼差し』

IMGP3627.jpg
冒頭、背中を向け料理をはじめます。
この時、演者は観客の視線を背後に感じています。

IMGP3628.jpg
暫くすると、踵を返し観客と対峙します。

IMGP3629.jpg
そして観客の全てに視線を送ります。
これにより、観客は観る側と見られる側の両方を体験します。

IMGP3630.jpg
視線だけがこちらを向きます。

IMGP3631.jpg
演者の眼差しは観客に迫る勢いです。

IMGP3632.jpg
やがて手が止まると、

IMGP3633.jpg
髪をほどき、

IMGP3634.jpg
エプロンを脱ぎ、自ら舞台を暗転します。

5分ほどのパフォーマンスのあと乾真裕子さんとお話できました。
主体と客体に対する考察が印象的でした。

『主体』と『客体』という言葉を久々に耳にしました。懐かしさも有ります。


2018/12/2

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| アート | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未来への光にも見えます。

2018年、日芸祭のテーマは『夜芸祭』。

IMGP3218.jpg

最終日のフィナーレではDJパフォーマンスが繰り広げられました。

IMGP3223.jpg

IMGP3230.jpg

時代は移り変わり、ステージで使われる照明は今やLEDが当たり前のようです。
高出力のフルカラーLEDだと思います。

IMGP3234.jpg

IMGP3239.jpg

オペレーションも多分プログラミングです。わたくしの若い頃はスライドボリュームが並んだ卓の時代でした。

IMGP3244.jpg

IMGP3248.jpg

ミラーボールは昔も今も変わりません。

IMGP3251.jpg

終盤、最高潮に盛り上がります。

IMGP3253.jpg


IMGP3256.jpg

希望に満ちた未来への光のように感じます。

パフォーマンスは、DJ SHINSTARでした。

2018/11/4

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| アート | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いろどりに個性があらわれているように感じました。

横浜美術大学芸術祭では、注目した作品の一つにオカユウリさんの絵がありました。

IMGP2512.jpg
『甘いままで』 特徴のある色彩で、惹きつけられるものがあります。

IMGP2514_20181129220511780.jpg
『記憶の集積』 グラデーションで時の流れではなく積み重ねを表現していると思われます。

IMGP2538.jpg
こちらの作品は陰影をいろどりで表現していると言えばいいのか、4人の少年が顔を付き合わせている様子がうかがえます。
YouTubeで、製作過程を公開されています。


Part5まで公開されています。


2017年の芸術祭にも出展されていて印象に残っていました。

IMGP3164.jpg
(2017/10/15)

これからの作品も楽しみです。活躍の場を広げていって欲しいと思います。

2018/10/14


| アート | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイトルは『ART IS NOT DEaD』 テーマは『UNDER GROUND』その3

横浜美術大学芸術祭

4年の公開アトリエにきました。

IMGP2516.jpg
ここに散りばめられたキャラクターは確か『うーたん』だったと思います。

IMGP2518.jpg


IMGP2519.jpg
4年ということなので、今回で見納めになってしまうのが残念。


同時開催されていた助手展です。

IMGP2545.jpg
『Wood Kit』 クラフトコース助手 太田正明さん
パーツを組み立てると何が出来るのか、気になってしまいます。


IMGP2549.jpg
これは『サブロク』呼ばれる1820mm×910mmの板から家族のために椅子を考えるという課題に助手の二人が取り組んだものです。

IMGP2550.jpg
『PUT BACK CHAIR』 プロダクトデザインコース助手 山内奏さん
手で組んで、手でバラす椅子。
一枚のサブロクから二脚の椅子が作れます。


IMGP2551.jpg
『サンカクスツール』 プロダクトデザインコース助手 稲津あや子さん

IMGP2554.jpg
『栓のテーブル』 『楽器』 共にクラフトコース助手 太田正明さん

今年も様々な作品を目にすることができました。
いつも感じるのですが、皆さんの創作がいろんな形の力がこもっている。それを見るわたくしは力をもらっていると。

2018/10/14

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| アート | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイトルは『ART IS NOT DEaD』 テーマは『UNDER GROUND』その2

横浜美術大学芸術祭

6号館には他にも興味深い展示がありました。

『裸々失楽園』 先﨑瑠莉さん

IMGP2479.jpg
ご自身の生き方そのものをアートで表現されているようです。

IMGP2466.jpg
『Hokusai octopus』 その名の通り葛飾北斎の『蛸と海女』から着想を得た作品。

IMGP2474.jpg
『Milk.』 デザインスケッチに添えられた言葉には『敵から身を守る事に重きをおいていない別の生き方。命のつなげ方がある。』と綴られていました。


7号館には学生展示のほか、課題で制作されたものも展示されていました。

IMGP2491.jpg
鈴木理南さん。
こちらはピクトグラム。情報や注意を視覚的に示すもので、誰が見てもわかる表現方法が求められます。

これも課題だと思われます。毎年、様々な絵本とポスターが展示されています。

IMGP2502.jpg
オッドアイの猫が主役物語。いまいかなさん。

IMGP2501.jpg
猫が可愛らしい。

IMGP2507.jpg
廊下に展示されていた公共広告の課題。川武果音さん。
普段、動かない様子が可愛いとされるハシビロコウを逆手に捉えた作品。
こういったキャラクターを使うことでメッセージを柔らかく伝える効果が期待できます。

2018/10/14

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| アート | 12:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイトルは『ART IS NOT DEaD』 テーマは『UNDER GROUND』

今年で9回目をかぞえる横浜美術大学の芸術祭。

IMGP2435.jpg
タイトルの文字『ART IS NOT DEaD』がお出迎えです。

IMGP2436.jpg
さて、今年はどんな作品に出会えるでしょうか。

学内に入りまず目に飛び込んで来たのはこちら

IMGP2438.jpg
戦争と平和について問いかけるオブジェ。
ネズミがチーズに向かうミサイルを阻止しようとしています。

わたくし、この時チーズの存在に気付いておらず、左隅に見切れる程度しか写っていません。

このあと暫くしてその全容を捉えたのがこちら。

IMGP2544.jpg
視点が変わると、作品の印象が少し変わる気がします。


1号館では『UNDER GROUND』展が催されていて総勢39名が参加されていました。

その中で目を引いたもの。

IMGP2440.jpg
『The back side of the peace』 プロダクトデザインコース4年 青木泰志さん

IMGP2442.jpg
『自分の華』 テキスタイルデザインコース4年 四本梓さん
ご本人のコメント『私の想う"UNDER GROUND"は泥の中。泥の中から美しい華を咲かせる蓮華のように、どんな逆境にあっても、自分らしい花を咲かせたい。そんな思いを込めて制作した。』原文まま。

四本さんは学生展示にも出展されていました。

6号館 『芸術と平和』展

IMGP2458.jpg
左から『恋する紫陽花』、『Mam!』、『Jelly』、『自分の華』 テキスタイルデザインコース4年 四本梓さん

芸術を通して平和を訴えていこうとされています。

2018/10/14

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| アート | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

写真と添えられた言葉が秀逸です。

原郷瑞希さんの個展『記録と記憶』が取手で開催されいました。

IMGP2105.jpg
取手市民ギャラリーは取手駅東西連絡地下通路に設けられています。

IMGP2108.jpg
今回はご本人の生活してきた場所を写真で綴り、言葉が添えられ、そこから発想したオブジェが展示されていました。

IMGP2110.jpg
その中の一つ『海辺』『海辺は郵便受けだった。 町を出ることのなかった私たちはその漂流物に外の世界を感じた。 みんなで海に投げたボトルメールは今どこに。』と綴られていました。

かつて、小学生のころ5月30日にこの場所で清掃活動をしていたそうですが、統廃合でその小学校は無くなってしまったそうです。

瑞希さんの暖かい記憶を感じられる個展だったと思いました。

2018/10/7

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| アート | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これ、欲しかったんです

上野の東京藝術大学で藝祭2018ほてりが開催されていました。
上野公園の一部も催しのエリアとなっており、賑わいを見せています。

今回の目的は、公園で行なわれているアートマーケット2018。
東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻の原郷瑞希さんが出店しているものの中にとても欲しいものがあったのです。

IMGP1286.jpg
蝉の抜け殻鋳造です。

これは、昨年の取手アートパス2017の『焦点』という作品の一部。

IMGP1387.jpg
蝉の抜け殻が忠実に再現されています。

どの様に作るのか伺ってみると

蝉の抜け殻の割れ目から溶かした蝋を詰める。
蝉の抜け殻と蝋の棒を繋ぎ金属を流し入れる道を作ってから周りを石膏で固める。
③石膏が完全に固まったら窯に入れて焼き、中の蝉の抜け殻と蝋を焼き溶かす。
④石膏の中に蝉の型の穴ができるので、そこに銅を流し込む。
⑤冷えたら周りの石膏を砕いて落とし、蝉の抜け殻の形をした銅を取り出す。
⑥洗浄したり磨いたりして形を整える。

大変手間のかかる作業です。
この時、肝となるのが蝉の抜け殻に蝋を詰める作業で、隅々まで蝋がいきわたるかが勝負だそうです。

蝉の抜け殻の究極の保存方法だと思います。
大切な一品になりました。

2018/9/9


PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4
smc PENTAX-A ZOOM 35-70mm 1:4

| アート | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岡本太郎の作品見たさに行ってきました

國學院大學博物館に来ました。

IMGP6095.jpg

IMGP6096.jpg
企画展『いのちの交歓

岡本太郎の作品見たさに来ました。

IMGP6097.jpg
まずはこちら、『遊ぶ字』 (岡本太郎記念館)

床に様々な字が散りばめられています。

IMGP6100.jpg

IMGP6103.jpg

IMGP6101.jpg
『雷神』1995年(未完成) 木の枠、鉄釘、キャンバス、油絵具 (岡本太郎記念館)

この作品には説明が添えられています。
『常闇の死者の国、黄泉の国へと去った伊邪那美命。追いかけ、探し求めた先で夫の伊邪那岐命が目にしたのは、蛆がうごめく腐乱した妻の姿だった。彼女の頭・胸・腹・陰部・両手足には八種もの雷神が湧きだしていたという。岡本太郎は、一度完成させた《雷神》に手を加え続けたが完成に至らず、パーキンソン病との闘いに力尽き、絶筆の絵画となった。ゆえに《雷神》は、私の眼には黄泉の国の伊邪那美命の姿と重なって見える。』

この作品が絶筆とは知りませんでした。

IMGP6107.jpg
『豊饒の神話』1971年 木の枠、鉄釘、キャンバス、油絵具 (岡本太郎記念館)

IMGP6113.jpg
『悲しい動物』1974年 木の枠、鉄釘、キャンバス、油絵具 (岡本太郎記念館)

IMGP6117.jpg
『坐ることを拒否する椅子』1963年 陶 (岡本太郎記念館)

IMGP6119.jpg
『動物』1959年 強化プラスチック(FRP) (岡本太郎記念館)

IMGP6125.jpg
『石と樹』1977年 木の枠、鉄釘、キャンバス、油絵具 (岡本太郎記念館)

このあと、常設も見たのですが

IMGP6133.jpg
ひんべいが居ました。

2018/2/25

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| アート | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時間に余裕を持って行くべきでした

横浜美術大学卒業制作展へ行きました。
14時くらいに到着するつもりが15時をまわってしまい、最終日のこの日は16時までとあって、駆け込み状態でした。

見ることが出来たのは4・5号館の絵画コースと1号館のイラストレーションコースのみにとどまりました。

絵画コースでは、最優秀賞と金兎賞を受賞した作品に圧倒されました。

IMGP6027.jpg
『Live on』 油彩 荒 星輝さん 最優秀賞 金兎賞

1号館のイラストレーションコース

IMGP6037.jpg

IMGP6038.jpg
『銀河光界天上船』 船本 拓弥さん 優秀賞

宇宙船のデザインが印象に残りました。

もう一点、気に入った作品を

IMGP6042.jpg
『ゾン子となかまたち』 岸 礼子さん

IMGP6043.jpg
16体のキャラクターがかわいらしく表現されています。

IMGP6044.jpg

IMGP6045.jpg

IMGP6048.jpg

IMGP6049.jpg

IMGP6047.jpg

このあと時間切れで全てを見ることは出来ませんでした。次回は、時間に余裕を持っていこうと思います。

2018/2/18

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| アート | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT