それ、いつ完成するの?

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと珍しいものが目の前を横切りました。

春日通りに出て、戻ろうとしたらレアな車両が目の前を通過。

IMGP8201.jpg
82式指揮通信車

IMGP8202.jpg
結構な迫力です。

2018/5/27

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
スポンサーサイト

| 未分類 | 08:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

湯島天満宮

この日、近くの湯島天満宮ではそろそろ宮出しの時刻

IMGP8176.jpg
だいぶ人が集まって賑わって来たみたいです。

IMGP8179.jpg
境内の中はすごい人です。

IMGP8188.jpg
神輿が上がりました。

IMGP8195.jpg
鳥居を出たのを見届けたところで、自分がタイムアップなので引き上げます。

2018/5/27

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6

| 未分類 | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜景も見てみました

塩嶺王城パークラインからの夜景も見ておこうと日が暮れてから来てみました。

IMGP3030-03.jpg

とっぷり暮れて暗すぎました。

2017/10/8

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 未分類 | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

諏訪湖を一望

プリンス&スカイラインミュウジアムのオータムイベントのために岡谷市に来ています。

今回、トークショーが午後からなのでその前にどこか寄り道できないかさがしていたら、ミュウジアムの近くに諏訪湖を展望できる場所があることを知り、行ってみました。

IMGP2909.jpg

塩嶺王城パークラインからの展望。ここは勝弦峠方面から一つ目のパーキングで、展望台があります。
右側に見える高架橋は中央自動車道と長野自動車道の岡谷ジャンクションです。

さらにこの先にもパーキングがあり、高台に上がると塩尻松本安曇野市方面が見渡せます。

IMGP2914.jpg

奥の山々もきれいです。

2017/10/8

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6

| 未分類 | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海の日の連休は、お祭があちこちで催されている様な気がします。

上尾駅前です。

IMGP1536.jpg
一般的には三連休となりますが、この中日となる日曜日におが開催されるのも恒例化しているのでしょうか。
大変賑わっています。

IMGP1537.jpg
駅前ロータリーに次から次へとお神輿が入ってきます。

しかし、本日の目的はここではなく、さらに移動します。

2017/7/16

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 未分類 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

珍客現る

夜のくつろぎのひと時、にわかにリサがさわがしい。

原因はこちら

IMGP1251.jpg

ヤモリではありませんか。
そう言えばおとといの深夜トイレにいたなぁ。

IMGP1256.jpg
望遠では無理があったので、50mm替えてみました。

トリミングしてみると
IMGP1256_2.jpg
怪我をしています。

尻尾は何者かに食われたのか、ありません。
指が足りないのは、怪我と言うより奇形かもしれません。

しばらくするとどこかへ行ってしまいました。

2017/5/29

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4

| 未分類 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

五周年

当ブログがおかげさまで、五周年を迎えました。

実はこれ、東京スカイツリーの開業と同じなのです。
と言うか日和がいいと聞いて、合わせました。

なんとか続けてこられましたが、これからも細々と続けていけたらと思っています。

IMGP0967.jpg

2017/5/14 東武橋にて

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 未分類 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと気になりました

現在放送中の連続テレビ小説ひよっこ』。

主人公がラジオを作る工場で働いていますが、劇中で出てくるラジオが気になりました。

NHKに問い合わせてみました。

『日本のメーカーが中東向けに生産していた機種を美術スタッフが手を加えたオリジナル』
とのこと

で検索してみたら、見つかりました。

SONYICF-J40がもとの様です。

ここで、さらに気になるのが、工場で組み立てられているラジオ基板

IMGP0653.jpg

どう見てもICF-J40基板とは思えません。

シルク印刷もでたらめで、それっぽく見えるようにした物のみたいです。

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4

| 未分類 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この旅最後の目的地に向かいます。

浪江町を出たら、復旧工事中の富岡駅に行きました。

IMGP0348.jpg
富岡町に入って、新夜ノ森交差点から南に250メートル付近のモニタリングは、午後4時で2.460マイクロシーベルト。


IMGP0352.jpg
工事中の富岡駅、止まっているバスに平行してホームが出来ます。

IMGP0353.jpg
向かって左が富岡駅、その先が海。海岸から400メートルくらい、中央のプレハブの奥にお堂があるのですが、そのすぐ下まで津波が来たそうです。

今回の旅はここで終わり。

帰りの車中、信号待ちで見かけたのが

IMGP0359.jpg

IMGP0358.jpg
ふくしま浜街道・桜プロジェクト このような活動は知りませんでした。

この春に規制解除になった地域、まだまだ規制の解けない地域、状況は様々ですが、少しずつ前に進んでいるのを実感する二日間でした。

2017/4/19

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 未分類 | 07:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

避難指示が解除された浪江町へ

小高を出たあとは南下して浪江町に向かいます。

浪江町役場横、昨年10月にオープンした『まち・なみ・まるしぇ』。
飲食店やみやげ物、コンビニ・コインランドリーなどがあります。

IMGP0280_20170501072004a34.jpg


IMGP0287.jpg
変わってこちらは、JR常磐線浪江駅4月1日に小高~浪江が運転再開したばかり。

IMGP0285.jpg
ホームは仮復旧の様子を見せています。全線復旧は平成31年度の予定。

IMGP0290.jpg

IMGP0296.jpg

IMGP0295.jpg
駅周辺では再建に向けた解体が進んでいます。

IMGP0291.jpg
駅近くの郵便局で見かけた交通安全のポスター。福島ガイナックスの制作。

駅前を移動して幾世橋小学校に向かいます。

IMGP0308.jpg
幾世橋小学校の校庭。イノシシの足跡と思われます。

IMGP0310.jpg
校庭から見下ろすことの出来る一帯は津波にのまれたそうです。


川の向こうは請戸です。

IMGP0319.jpg
津波で流された旧請戸橋。橋脚の解体が行なわれています。

IMGP0321.jpg
請戸新町付近 写真左側が海、ガードレールの支柱が曲がっています。

IMGP0322.jpg
コンクリートの建物だけが残っている印象、右側は苕野神社(くさのじんじゃ)。

IMGP0329.jpg
横たわっているのは鳥居のようです。

IMGP0325.jpg
海岸では堤防の工事、現在立っているこの場所もさらに2メートル以上高くなると案内板に書いてありました。

IMGP0324.jpg
東京電力福島第一原子力発電所

IMGP0326.jpg

IMGP0328.jpg
津波の高さは9メートルくらい、それ以上かもしれません。

IMGP0331.jpg
請戸小学校 1階の損傷が激しいです。

IMGP0335.jpg
請戸小学校の生徒たちが非難した、大平山。現在、霊園となっています。右に見えるのは、津波で犠牲になった方の名が刻まれた石碑。

こんなに天気がいいのに
IMGP0337.jpg
雨が降ってきました。

振り向くと
IMGP0341_1.jpg
虹が・・・


これにて浪江町をあとにします。

2017/4/19

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4

| 未分類 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島、名所旧跡も巡りながら南下

福島の二日目。

朝食を済ませたあと、立ち寄った浮舟文化会館。

エントランス入ってすぐのところに、段ボールで作られたガンダム(RX-78-2)とザク(シャア専用)・・・たぶん。
IMGP0251.jpg  IMGP0252.jpg

本来の目的は、埴谷雄高氏と島尾敏雄氏の「埴谷・島尾記念文学資料館」の見学でした。


IMGP0253.jpg
次の目的地に向かう途中見かけたこいのぼり。

さて、その目的地。

IMGP0258.jpg
奥州相馬氏の菩提寺、同慶寺です。

相馬氏累代のお墓があります。

その中、お一方気になる墓石がありました。
IMGP0255.jpg
家臣 金沢忠兵衛氏のお墓

殿様の傍らにあることから考えて、相馬氏にご尽力された方なのだろうと推測します。


IMGP0260.jpg
帰りに見かけた『いのち』ののぼり。

聴くところによると、震災後自殺が増え、それを食い止めるためにご住職が相談にのっているとうかがいました。

さらに移動します。

IMGP0262.jpg
大悲山 薬師堂石仏

IMGP0264_1.jpg
中央の如来坐像です。

IMGP0261.jpg
薬師堂石仏の手前にある社務所 資料によると昭和5年(1930年)7月に建てられたそうです。

IMGP0272.jpg
少し離れたところにある観音堂石仏 お堂は震災後建て替えられたそうです。

IMGP0268.jpg
千手観音坐像

このあと、小高最後の目的地です。

IMGP0278_2017043016052823a.jpg
小高下浦です。津波が押し寄せたとき、必死に高台へよじ登って、命拾いをしたそうです。
この場所は、海岸から直線距離で約1.9キロで、津波は海岸から2.4キロくらいの所まで来たそうです。

先ほどの大悲山もそうですがこのあたり、高台の地質は岩石で大悲山と同じなら、凝灰質砂岩です。

小高はここまで、この先浪江町に入ります。

2017/4/19

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4

| 未分類 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島、二日目は朝飯前の散歩から

福島南相馬小高区の朝です。

なんとなく旅館の窓から外を見ていたら、猫が二匹。

IMGP0221.jpg

IMGP0221_2.jpg
この場所で落ち合って、二匹連れ立ってどこかへ行きました。

IMGP0223.jpg
日が出てきました。

朝飯前にちょっと散歩に出てみます。

IMGP0227.jpg
小高駅前の観光案内。

見所はいろいろあるようです。

IMGP0230.jpg
小高川、浮舟橋からの眺め。堤に沿ってが続いています。

IMGP0231.jpg
こちらは小高神社に入っていく道路。

IMGP0232.jpg
境内にこんなにたくさんの

その昔、この場所には小高城があったそうです。
IMGP0233.jpg

IMGP0234.jpg

鳥居をくぐると、神殿の横に絵馬殿があります。

IMGP0236.jpg

IMGP0235.jpg
恋の成就や学問にご利益があるみたいです。

IMGP0237.jpg
境内に向かって左手側もがいっぱい。

IMGP0238.jpg
手前には趣のあるトイレ。

IMGP0241.jpg
もう一つ小高城の由来を示す看板があります。

IMGP0244.jpg
最後が一の鳥居になってしまいました。失礼。

IMGP0243.jpg   IMGP0245.jpg

朝の散歩で見つけた消火栓

IMGP0246.jpg
そして、かなり年季の入った洗濯機。パナソニックではなくナショナルです。

2017/4/19

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 未分類 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT