それ、いつ完成するの?

≫ EDIT

スカイラインR34生誕20年イベント

今年、R34スカイラインは誕生から20年を迎えました。

プリンス&スカイラインミュウジアムのオータムイベントではR34スカイラインの特集となりました。

IMGP2949.jpg
ミュウジアム前の広場には4ドアのオーナーズクラブ方々の愛車が展示されています。

IMGP2951.jpg
下の駐車場にもR34が集まる場所がありました。

IMGP2978.jpg
登壇されたのは、渡邉衡三氏(当館顧問、当時商品開発室開発主管)、吉川正敏氏(当時商品実験部実験主担)、栗原隆氏(当時商品開発室商品主担)、塚田健一氏(日産自動車株式会社 商品企画本部 商品ビジョン&イノベーション戦略部)。
因みに渡邉衡三氏と栗原隆氏は席が入れ替わっています。

IMGP2968.jpg
様々な映像で当時の開発の様子を聞きました。特に『走りの理念』は櫻井眞一郎氏から続く車作りの哲学とも言えるもので、多くのスカイラインファンを引き付けています。

IMGP3002.jpg
後半は屋外の展示車両を囲んでフリートークでした。

IMGP3012.jpg

IMGP3015.jpg
そんな中で印象に残ったのがこちら。
雪国にお住まいで、冬の融雪剤の影響でボロボロ状態のものをレストアする際に、R34のストラットタワーが製造廃止でR33のものを流用したとかで、関東に住むわたくしには雪国で車の維持の大変さをはじめて知りました。

IMGP2980.jpg

IMGP2982.jpg

IMGP2985.jpg

IMGP2986.jpg


わたくしの愛車も末長く乗り続けたいと思いました。

2018/11/3

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
スポンサーサイト



| 自動車 | 14:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車のメンテナンスでPENTAX K-1遠のく

車齢18年を超えた愛車、R34スカイライン
兼ねてから懸案の足回りのメンテナンスを施しました。

41920001.jpg
2016/8/30

41900018.jpg
2016/8/28

ショックアブソーバー4本交換しました。
先立ってタイヤも交換。
ブリヂストン POTENZA RE003

合わせるとPENTAX K-1のボディと同じくらいの価格に・・・
我が家のデジタル化はまだ先のようです。

PENTAX MZ-S + BG-10
smc PENTAX-FA 1:4.5-5.6 80-320mm
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 自動車 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |