それ、いつ完成するの?

≫ EDIT

春日部でごった返していました。

大宮からの返却回送はいいポイントが見つからず、そのまま見送りました。
が、次の列車で春日部に向かうと中線に停車中でホームの先端は撮影する人でごった返していました。
そのわけは、先ほどの試運転、東急2121Fと並んでいたからなのです。
並びは撮れなかったので

IMGP0929.jpg

こんな感じで収めました。
貫通幌の付いたこちらは彫りの深い顔になっています。

2018/8/19 春日部

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
スポンサーサイト

| 鉄道 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結局曇ったままでした。

8111F セイジクリームを迎え撃つべく、野田線に来ましたが、まだ曇っています。
側面が陰になる撮影地を選んだので結果的にはこれで良かったかも知れません。

IMGP0915.jpg

でも、青空の方が良いに決まってます。

2018/8/19 大和田~大宮公園

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 鉄道 | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実はセイジクリームの走っている姿を見るのは初めてでした。

前の日に下見に来た谷塚に来ましたが、昨日と違って曇っています。

IMGP0878.jpg
東急 2121F
練習電に来たのは東急2000系2121Fでした。英語表記になってしまいましたが、本日は試運転表示です。

そして

IMGP0897.jpg
東武 8111F 団臨の送り込みです。

落ち着いた感じのクリーム色がとてもいいです。

2018/8/19 谷塚

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4

| 鉄道 | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東武鉄道 亀戸線 リバイバルカラー 第3弾

谷塚駅に来ています。

ひとまず日比谷線直通列車を

IMGP2684.jpg
03系 03-109F 22S

IMGP2705.jpg
20000型 21808F 33T

そして、リバイバルカラー第3弾の返却回送。

IMGP2718.jpg
8000系 8575F ミディアムイエローの車体にインターナショナルオレンジの帯。第1弾の逆の配色で試験塗装を再現しています。

IMGP2722.jpg
7月13日から運行されています。

5本ある亀戸線用車両のうち3本がリバイバルカラーになりましたが、4本目のリバイバルカラーはあるのでしょうか。

4日走って1日休むローテーションです。12:35通過。

2017/9/23 谷塚

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6

| 鉄道 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東武鉄道 宇都宮線にて

紅葉が見頃の栃木で、山には行かず東武鉄道の宇都宮線に行ってきました。
まずは新栃木駅で下車、徒歩10分程の場所。

99930008.jpg
野州平川~新栃木 8190F

99930009.jpg
新栃木~野州平川 8190Fの折り返し

この後場所を移動します。

安塚駅から徒歩20分少々、田圃に囲まれた踏み切りに来ています。

99930023.jpg
西川田~安塚 またまた8190F

99930026.jpg
西川田~安塚 81105F

99930029.jpg
西川田~安塚 81115F

少し撮影位置を変えて見ます。
99930031.jpg
西川田~安塚 81116F

99930032.jpg
安塚~西川田 81118F 後追いで撮ったこの一枚が夕日の感じが出ています。

2016/11/3

PENTAX MZ-S + BG-10
smc PENTAX-FA 1:4.5-5.6 80-320mm

| 鉄道 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鉄道遺構を見に行こう(その二)

久しぶりに、鉄道遺構を見に行ってきました。

今回目指したのは、両毛方面。これに打ってつけのチケット、『ふらっと両毛東武フリーパス』を利用しました。
茂林寺前駅から奥のエリアが乗り降り自由。利用はしませんでしたが、指定のバスも乗り放題、しかもフリー区間は使用開始日から3日間有効、ただしフリー区間を出て下車した時点で終了です。

一番早い列車で館林に着いたのが6:45、ここから西小泉を目指します。
館林では伊勢崎行・西小泉行・葛生行が待機していてすぐの発車となります。

49910002.jpg
西小泉行8574F 伊勢崎行805-1F 館林駅

49910004.jpg
葛生行851-1F 館林駅

49910006.jpg
西小泉行8563F 館林駅

西小泉に向かいます。

49910017.jpg

49910018.jpg
8574F 西小泉

49910024.jpg
木造の上屋がいい雰囲気です。

49910026.jpg
館林から折り返し大田行となった8579F 西小泉駅

49930004.jpg
一方、左の8576Fは大田駅から来て折り返し館林行に。

49930007.jpg
西小泉駅を出ました。

後ろを向くと、かつて線路だった場所は遊歩道になっています。

49930008.jpg

何か鉄道の跡を示すものを探したら、柵を発見。

49930009.jpg

49930011.jpg

49930013.jpg
大きな歩道橋を超えると左右に開けてきます。右側に沿って進むと仙石河岸駅があった付近、遺構へは左に沿って進みます。

49930017.jpg  49930016.jpg

こちらは戦時中、利根川の対岸にあった妻沼駅と結んで、人と物資輸送を強化する目的で建設されましたが、橋が架かる前に終戦を向かえ今に至ったようです。
河川敷に沢山あった橋脚は全て解体されています。
この一本は堤防の外だったので残されたのでしょうか。

49930019.jpg

49930020.jpg
ここまで来たらせっかくなので対岸に渡ってみようと思います。

49930022.jpg
熊谷市旧妻沼町地区です。築堤のカーブが線路建設のためのものだったことが伺えます。
ここから、しばらく歩いてかつての東武熊谷線の終点、妻沼駅を目指します。

49930024.jpg
ひたすら道路に沿って歩いていると静態保存されている車両を見つけました。
敷地には入れるようです。

49930025.jpg
妻沼町時代に建てられた、妻沼展示館の横に保管されています。

49930025_2.jpg
同じ敷地内にある、妻沼中央公民館の職員の方に話しを聞くと、この近くに妻沼駅があったそうであとで行ってみることにします。
さらに図書館でこの鉄道の資料があるか聞いてみると二冊ほど出してくださり、読むことが出来ました。
河川敷の橋脚は『櫛状に立っていて大雨のたび、洪水の原因になっていた』そうで、東武熊谷線の廃止が決まった後撤去されたようです。

49930027.jpg

49930030.jpg

49930031.jpg

49930034.jpg

49930035.jpg

49930036.jpg

49950004.jpg
妻沼駅跡はカスミストア向かいあたり、駅構内を思わせる広さがあります。
実はこの背中側が杉戸機関区だったらしく、現在は敷地の一部がドラックストアセキとなっています。

49950005.jpg
熊谷方向に300メートルほどの場所。このあたりから徐々に敷地が広がっていて、駅だった様相をかもし出しています。

以上ここまで鉄道遺構を見に行こうでした。

まだ日が高いので西小泉に戻って、どこかに行こうと思います。

49950007.jpg
とりあえず、東小泉から赤城に向かってみます。

49950008.jpg
まもなく赤城、右側は上毛電気鉄道。渡り線があります。

49950014.jpg
1号車(711-721編成) 赤城駅
上毛電気鉄道って、井の頭線の車両を使ってたんですね。

49950016.jpg
7号車(717-727編成) 東新川~赤城

49950019.jpg
6号車(716-726編成) 赤城~東新川
これにて太田に戻ります。

49950024.jpg
上毛電気鉄道とは、桐生球場前付近で分かれます。

49950025.jpg
次の駅、相老でわたらせ渓谷鐵道と接続しています。行き帰り共に、わたらせ渓谷鐵道の車両を見ることはありませんでした。

49950026.jpg
855-1F 太田駅
太田駅からちょこっと伊勢崎に行ってみます。

49950029.jpg  49950031.jpg
855-1F 伊勢崎駅
中間電動車を先頭車化改造、運転席の後ろにMM用風道の張り出し。前面には鍵外し配管が飛び出ている形状。(鉄道ピクトリアル2016年3月号の情報より)

49950036.jpg
854-1F 館林駅
館林に戻ってきました。このあと葛生に行く時間的な余裕が無く断念、これにて家路に着きました。

2016/5/3

PENTAX MZ-S + BG-10
smc PENTAX-FA 1:4.5-5.6 80-320mm
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
smc PENTAX-A 1:1.7 50mm

| 鉄道 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今月の野田線。

今月も、野田線です。
春日部から始めた撮影地探しもここで一段落。
南桜井以東へ足を延ばすかは、まだ決めていません。

41620029.jpg
8158F

41620031.jpg
61618F

41620033.jpg
81117F ※

41620035.jpg
81117F
わたくしとしては上の二枚よりこちらの方が気に入っています。
最後尾、架線柱にかかっていますが、先頭車両の右側面がわずかに見える、この感じが好きです。

2016/2/11 北大宮~大宮公園

鉄道ピクトリアル3月号の特集が、東武8000系でした。この情報をもとに、新栃木方面や館林方面の遠征を検討中。

PENTAX MZ-S + BG-10
無印 smc PENTAX-FA 1:4.5-5.6 80-320mm
※ smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 鉄道 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鉄分ひかえめ

先月のことですが、桶川に行く用事があったのでその道中、減りつつある東武8000系を、一枚だけ。
鉄分ひかえめです。

25840011.jpg
8158F 2015/5/5 七里
PENTAX MZ-S + BG-10
smc PENTAX-FA 1:4.5-5.6 80-320mm

| 鉄道 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |