それ、いつ完成するの?

≫ EDIT

避難指示が解除された浪江町へ

小高を出たあとは南下して浪江町に向かいます。

浪江町役場横、昨年10月にオープンした『まち・なみ・まるしぇ』。
飲食店やみやげ物、コンビニ・コインランドリーなどがあります。

IMGP0280_20170501072004a34.jpg


IMGP0287.jpg
変わってこちらは、JR常磐線浪江駅4月1日に小高~浪江が運転再開したばかり。

IMGP0285.jpg
ホームは仮復旧の様子を見せています。全線復旧は平成31年度の予定。

IMGP0290.jpg

IMGP0296.jpg

IMGP0295.jpg
駅周辺では再建に向けた解体が進んでいます。

IMGP0291.jpg
駅近くの郵便局で見かけた交通安全のポスター。福島ガイナックスの制作。

駅前を移動して幾世橋小学校に向かいます。

IMGP0308.jpg
幾世橋小学校の校庭。イノシシの足跡と思われます。

IMGP0310.jpg
校庭から見下ろすことの出来る一帯は津波にのまれたそうです。


川の向こうは請戸です。

IMGP0319.jpg
津波で流された旧請戸橋。橋脚の解体が行なわれています。

IMGP0321.jpg
請戸新町付近 写真左側が海、ガードレールの支柱が曲がっています。

IMGP0322.jpg
コンクリートの建物だけが残っている印象、右側は苕野神社(くさのじんじゃ)。

IMGP0329.jpg
横たわっているのは鳥居のようです。

IMGP0325.jpg
海岸では堤防の工事、現在立っているこの場所もさらに2メートル以上高くなると案内板に書いてありました。

IMGP0324.jpg
東京電力福島第一原子力発電所

IMGP0326.jpg

IMGP0328.jpg
津波の高さは9メートルくらい、それ以上かもしれません。

IMGP0331.jpg
請戸小学校 1階の損傷が激しいです。

IMGP0335.jpg
請戸小学校の生徒たちが非難した、大平山。現在、霊園となっています。右に見えるのは、津波で犠牲になった方の名が刻まれた石碑。

こんなに天気がいいのに
IMGP0337.jpg
雨が降ってきました。

振り向くと
IMGP0341_1.jpg
虹が・・・


これにて浪江町をあとにします。

2017/4/19

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

震災後に行くのははじめてでした

東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故後はじめて福島に行き、現在の原発周辺を見てまわりました。

いわき駅までは電車で行き、そこからは車を使っての行程となりました。

まず、富岡町に向かいます。

IMGP0076.jpg
道中遅咲きの桜なのか、ちょうど見ごろのものがありました。


富岡町の中で帰還困難区域になっている地区に入ります。

IMGP0088.jpg
夜ノ森の桜並木。満開ならばすばらしい光景に違いありません。

IMGP0090.jpg
JR常磐線夜ノ森駅。

IMGP0091.jpg

IMGP0092.jpg
駅は閉鎖され除染のためつつじの枝が落とされています。

線路では作業員の方々が復旧作業をされていました。

かつての夜ノ森駅はこんな感じでした。

87410013.jpg
2009/1/4

87410014.jpg
2009/1/4

87410018.jpg
2009/1/4


移動して海辺に向かいます。

IMGP0105.jpg
除染で出た土が入った袋を積み上げる作業。

IMGP0108.jpg

IMGP0109.jpg
このように仮置きされます。

富岡町の観陽亭があった所に来ています。

IMGP0127.jpg
ここから見える海には『ローソク岩』と呼ばれる背の高い岩がありました。中央やや右側に根本が残っています。

IMGP0125.jpg
反対に目を向けると眼下には富岡漁港。堤防の工事が進められています。

IMGP0133.jpg
奥には福島第二原子力発電所

IMGP0134.jpg
右手は除染作業

IMGP0135.jpg
手前には津波で流された漁船が置かれています。

IMGP0126.jpg
こちらの家、観陽亭の前にあります。

『半壊』という判定で規制解除になれば、戻ることも出来ますが、屋根に穴が開いており

IMGP0123.jpg

IMGP0124.jpg
部屋の中が草ぼうぼうで大変なことになっています。


次は、帰還困難区域を出て竜田駅に向かいます。

IMGP0147.jpg
線路の先が竜田駅。ここから浪江駅までは不通区間です。

IMGP0150.jpg

IMGP0149.jpg
放射線のリアルタイム線量計は0.150マイクロシーベルト。16時29分

IMGP0152.jpg
16時39分。10分間で0.023マイクロシーメルト上昇しました。

このあとは今夜の宿、南相馬市小高区を目指しますが、ちょっと寄り道をします。

双葉警察署横の公園です。

IMGP0157.jpg
避難誘導中に津波に流されたパトカー。傍らに慰霊碑が置かれています。

IMGP0155.jpg

IMGP0158.jpg
この公園のリアルタイム線量計は、17:27時点で0.236マイクロシーベルトでした。


IMGP0162.jpg
双葉町の国道6号線、いたるところでバリケードがあり立ち入ることは出来ません。
信号以外で止まることも出来ません。

IMGP0171.jpg
かつてのこの地域を象徴する看板の一つが見えてきました。

IMGP0172.jpg
原子力運送の看板

IMGP0175.jpg
福島第一原子力発電所の入り口の交差点にあります。


IMGP0194.jpg
南相馬市小高区浦尻の綿津見神社に来ました。海の神が祭られた神社と思われます。

IMGP0187.jpg
海岸線は堤防の工事が進められています。

IMGP0192.jpg
下の農地は津波が押し寄せたと伺いました。

IMGP0200.jpg
この神社の鳥居、結構な高台にありますが、押し倒された木々を見ると、この高さまで津波が来たのでしょうか。


旅館に荷物を降ろしたら、夜の小高の町を散策しました。

IMGP0210.jpg
東町エンガワ商店 コンビニ的な要素があります。地元の物産も扱っていてみやげ物も調達できます。

IMGP0211.jpg
工場の跡地 震災前に更地になっていたとのこと。

IMGP0212.jpg
震災後手付かずのように見受けられる建物。

IMGP0213.jpg
金性寺 

IMGP0215.jpg
金性寺の門 お堂側から

IMGP0217.jpg
小高に語り継がれる、大蛇伝説をモチーフにしたマンホール

IMGP0218.jpg
今日の行程はこれにて終了。明日に備えます。

2017/4/18

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4

2009/1/4の写真は
PENTAX superA
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 未分類 | 12:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |