それ、いつ完成するの?

≫ EDIT

素晴らしい標本の数々

東京大学に来ました。

IMGP0690.jpg
懐徳門から入ります。

IMGP0691.jpg
珠玉の昆虫標本』展を見に来ました。

IMGP0706.jpg
天井まで展示されていますが脚立はありません。

一部を紹介。

IMGP0741.jpg
箕作佳吉氏のコレクション
美しく輝いています。

IMGP0719.jpg
江田茂氏のコレクション
これって昆虫では無いそうです。
このムカデやサソリに刺されたら、一発で死にそうです。

IMGP0748.jpg
入り口の門、なんか変わってると思ったら、旧前田侯爵邸(懐徳館)西洋館の基礎の一部だとかで総合研究資料館の増築に伴う発掘調査で発見されたそうです。

IMGP0750.jpg
第二次世界大戦の中、昭和20年3月10日の東京大空襲で炎上し取り壊されたそうです。残っていれば重要文化財に指定されていたかも知れません。

展覧会は10月14日まで開催されています。なんと無料。

2018/8/16

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4
スポンサーサイト

| 昆虫 | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ありがとう松山ビル

2月29日、東京都墨田区の緑一丁目交差点に差し掛かった時のことです。
角に建つ3階建てのビルにただならぬ雰囲気を感じました。
気になったので、週末におもむくと、そのビルは解体が決まっていることを知りました。

96880021.jpg
※ 松山ビルです。
関東大震災後に建てられ、その後の第二次世界大戦での東京大空襲の戦火もくぐり抜けた建物です。

96880023.jpg
※ 外壁に補修をしたような痕跡が見られます。

96880024.jpg
正面は看板にかくれて見えませんが、裏に回りこむと塔屋が見えます。

96880029.jpg
かなりユニークな形をしています。

96880027.jpg

96880031.jpg
※ 手入れが行き届いていて建物自体はとても綺麗なので、解体されるのは残念の一言です。

2016/3/6

PENTAX MZ-S + BG-10
無印 smc PENTAX-FA 1:4.5-5.6 80-320mm
※ smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

三好心写真事務所の企画で3月12日から21日まで写真展と見学会が開かれていました。
来月は、建物内の様子をお届けできると思います。

つづく

| 建造物 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『OFF LIMITS』

墨田区東向島鳩の街通り商店街にあった旧桜井旅館。
79480026.jpg

この建物の存在を知ったのは、2013年(平成25年)5月でした。
当時、近隣の方にこの建物について伺ったところ、『昔の遊郭の名残でね・・・』と言っておられたのを覚えています。
今回、記事を書くにあたり調べてみると、東武鉄道玉ノ井駅(現東向島駅)付近にあった私娼窟東京大空襲で焼け出され、その一部がこの地に移ってきたものらしいということが分かりました。
79480028.jpg
こちら、鳩の街通り商店街の裏が正面のようです。

79480029.jpg
正面入り口

建物の右に回りこむと、
79500002.jpg

こちらにも入り口があります。
79480034.jpg

さらに
79480033.jpg

鳩の街通り側にも
79500004.jpg
間口三軒半、奥行き五軒程度(約6.3m×9m)に4つの出入り口。

さて、タイトルの『OFF LIMITS』(立ち入り禁止)。
戦後、進駐軍の兵士が立ち寄るのを防ぐためにGHQが建物正面に記したものだとかで、撮影のときは、全く気付いておらず、今回、慌てて探してみたらかろうじて見えたので拡大してみました。
79480036.jpg

OFF
79480036OFF.jpg

79500001.jpg

LIMITS
79500001LIMITS.jpg
全然見えない。

一度は街の活性化のために再利用も考えられたようですが、解体されてしまいました。
79500005.jpg

2013/5/12

PENTAX MZ-L
SIGMA 28-80mm 1:3.5-5.6 Ⅱ MACRO

| 建造物 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |