それ、いつ完成するの?

≫ EDIT

福島、名所旧跡も巡りながら南下

福島の二日目。

朝食を済ませたあと、立ち寄った浮舟文化会館。

エントランス入ってすぐのところに、段ボールで作られたガンダム(RX-78-2)とザク(シャア専用)・・・たぶん。
IMGP0251.jpg  IMGP0252.jpg

本来の目的は、埴谷雄高氏と島尾敏雄氏の「埴谷・島尾記念文学資料館」の見学でした。


IMGP0253.jpg
次の目的地に向かう途中見かけたこいのぼり。

さて、その目的地。

IMGP0258.jpg
奥州相馬氏の菩提寺、同慶寺です。

相馬氏累代のお墓があります。

その中、お一方気になる墓石がありました。
IMGP0255.jpg
家臣 金沢忠兵衛氏のお墓

殿様の傍らにあることから考えて、相馬氏にご尽力された方なのだろうと推測します。


IMGP0260.jpg
帰りに見かけた『いのち』ののぼり。

聴くところによると、震災後自殺が増え、それを食い止めるためにご住職が相談にのっているとうかがいました。

さらに移動します。

IMGP0262.jpg
大悲山 薬師堂石仏

IMGP0264_1.jpg
中央の如来坐像です。

IMGP0261.jpg
薬師堂石仏の手前にある社務所 資料によると昭和5年(1930年)7月に建てられたそうです。

IMGP0272.jpg
少し離れたところにある観音堂石仏 お堂は震災後建て替えられたそうです。

IMGP0268.jpg
千手観音坐像

このあと、小高最後の目的地です。

IMGP0278_2017043016052823a.jpg
小高下浦です。津波が押し寄せたとき、必死に高台へよじ登って、命拾いをしたそうです。
この場所は、海岸から直線距離で約1.9キロで、津波は海岸から2.4キロくらいの所まで来たそうです。

先ほどの大悲山もそうですがこのあたり、高台の地質は岩石で大悲山と同じなら、凝灰質砂岩です。

小高はここまで、この先浪江町に入ります。

2017/4/19

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL
smc PENTAX-FA 50mm 1:1.4
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島、二日目は朝飯前の散歩から

福島南相馬小高区の朝です。

なんとなく旅館の窓から外を見ていたら、猫が二匹。

IMGP0221.jpg

IMGP0221_2.jpg
この場所で落ち合って、二匹連れ立ってどこかへ行きました。

IMGP0223.jpg
日が出てきました。

朝飯前にちょっと散歩に出てみます。

IMGP0227.jpg
小高駅前の観光案内。

見所はいろいろあるようです。

IMGP0230.jpg
小高川、浮舟橋からの眺め。堤に沿ってが続いています。

IMGP0231.jpg
こちらは小高神社に入っていく道路。

IMGP0232.jpg
境内にこんなにたくさんの

その昔、この場所には小高城があったそうです。
IMGP0233.jpg

IMGP0234.jpg

鳥居をくぐると、神殿の横に絵馬殿があります。

IMGP0236.jpg

IMGP0235.jpg
恋の成就や学問にご利益があるみたいです。

IMGP0237.jpg
境内に向かって左手側もがいっぱい。

IMGP0238.jpg
手前には趣のあるトイレ。

IMGP0241.jpg
もう一つ小高城の由来を示す看板があります。

IMGP0244.jpg
最後が一の鳥居になってしまいました。失礼。

IMGP0243.jpg   IMGP0245.jpg

朝の散歩で見つけた消火栓

IMGP0246.jpg
そして、かなり年季の入った洗濯機。パナソニックではなくナショナルです。

2017/4/19

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28mm 1:2.8 AL

| 未分類 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |