それ、いつ完成するの?

≫ EDIT

旅の締めくくりにキハ。

IMGP5555.jpg
会津若松駅に着くと野沢行のキハ110系と会津川口行のキハ40系が発車待ち。

IMGP5563.jpg
キハ40とキハ110共に幌の無い面はすっきりとしています。

IMGP5565.jpg
先に発車のキハ40系を見送っていると不意に雪が舞い始めました。

IMGP5579.jpg
わたくしにとっては名残雪となりました。

IMGP5589.jpg
1分後に野沢行も出発。

IMGP5609.jpg
キハ40系に別れを告げ家路につきます。

2019/2/12

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6
smc PENTAX-FA 80-320mm 1:4.5-5.6
スポンサーサイト

| 鉄道 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会津若松駅で右往左往

会津若松駅着きました。
平日ともなると、駅構内にも動きがあります。
東北の在来線を見るのは初めてなので全てが新鮮で、無駄にわくわくしています。

IMGP5363.jpg
キハ40 572がいます。小出側の方向幕は『回送』表示。

IMGP5367.jpg
喜多方側は『会津若松』表示。東北地域本社色。

そうこうするうちに磐越西線の新津方面から列車が入線

IMGP5369.jpg
向かいのホームに急ぎ足。

IMGP5372.jpg
キハ48 523 国鉄急行色

IMGP5374.jpg
キハ47 1518 一次新潟色

IMGP5381.jpg
車両基地の奥の方にはディーゼル機関車に連結されたキハが留まっています。

IMGP5384.jpg
1番線には昨日も見かけた郡山行きのE721系。

IMGP5386.jpg
そして只見線からはキハ40系

IMGP5393.jpg
当駅止まりのはずが、回り込むと

IMGP5399.jpg
喜多方行になっていて、幕回しが見られなかったのが残念です。

IMGP5418.jpg
キハ40 2141の車内

IMGP5420_20190502230839f4e.jpg   IMGP5422.jpg    
キハ40 2141のトイレと運転席

IMGP5425.jpg
キハ40 526の運転席

IMGP5430.jpg
先ほど奥にいたキハ40とD10が近づいてきました。

IMGP5442.jpg
牽引はD10 1124

IMGP5449.jpg
引かれているのはキハ40 2026 後部標識がLED表示の物が使われています。

IMGP5454.jpg
さらに喜多方から列車が到着

IMGP5456.jpg
キハ40 582の銘板

そろそろ喜多方行きの出発時刻です。

2019/2/12

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| 鉄道 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七日町から宿へ

IMGP5230.jpg
七日町駅に着きました。

IMGP5238.jpg
線路の先には磐梯山

IMGP5240.jpg
西日に照らされています。

IMGP5233_20190327224333846.jpg
誰が作ったのか小さな雪だるまが二つ。

IMGP5241.jpg
リレー148号会津田島行に乗って宿に戻ります。

2019/2/11

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| 鉄道 | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会津若松に来て忘れてならないのが鶴ヶ城

会津若松観光名所の一つ鶴ヶ城にも行って見ました。

IMGP5173.jpg
天守閣が見えてきました。

IMGP5177.jpg
バスを降り、いくつかの石垣を越えると天守閣が現れます。しかし、これは後ろ姿。

IMGP5178.jpg
正面に回り込みました。

IMGP5180.jpg
日本唯一と言われている赤瓦

IMGP5182.jpg


IMGP5184.jpg


IMGP5183.jpg
こちらは茶室麟閣

IMGP5186.jpg
武徳殿

IMGP5185.jpg
天守閣とそれ以外の石垣の組み方に違いがあり、こちらはかなり大きな石が使われています。

IMGP5187.jpg


IMGP5190.jpg
お堀を挟んで挟んでお城っぽい雰囲気のラブホテルがありました。

2019/2/11

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| 建造物 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会津若松では建物も歴史を語っています。

街なかに下りて散策を続けると何気無く撮った建物が会津若松歴史的景観指定建造物のものがありました。

IMGP5160.jpg
鈴木屋利兵衛 江戸後期の築造で横のレンガ造りのうだつも特徴のひとつだそうです。

IMGP5163.jpg
福西本店 明治末~大正3年 

IMGP5164.jpg
こちらは福西本店の隣にある新築されたものでしょうか。

IMGP5162.jpg
(株)白木屋漆器店 大正3年

IMGP5161.jpg
滝谷建設工業(株)会津若松店社屋 昭和2年

IMGP5193.jpg
宮泉銘醸(株) 大正期

IMGP5194.jpg
時間があれば試飲をしたかったのですが・・・。

IMGP5207.jpg
旧黒河内胃腸病醫院 昭和11年

IMGP5205.jpg
塀は那智黒石で造られており当時の雰囲気が出ています。

IMGP5208.jpg
遠藤米穀店 明治11年外

会津若松市指定以外にも歴史を感じる建物がありました。

IMGP5158.jpg
紀州屋 築年数は分かりませんが、1934とあり昭和9年から営業していると思われます。

IMGP5159.jpg
加藤陶器店 

IMGP5196.jpg
会津若松市役所 手前本庁舎旧館昭和12年奥本庁舎新館昭和33年。現在、旧館保存活用と庁舎整備の計画が進んでいるようで、計画を見る限りでは新館は解体され旧館も一部解体されるようです。、奥の新館も撮っておけばよかったと後悔しきり。そもそも2棟に別れていることに気付いていなかった。

IMGP5213_201903272241518b9.jpg
どの様に使われていたのか分かりかねますが、店舗兼住宅と思われる建物。

IMGP5216.jpg
尚伸株式会社

IMGP5218.jpg
向いには鶴乃江酒造株式会社

IMGP5221.jpg
ローマ字で『TSUKAHARA GOFUKUTENⅡ』とあります。野球用品店が営業中。

IMGP5226.jpg
池田種苗店 かぶのレリーフが素敵。

会津若松の建物を早歩きで巡りました。

2019/2/11

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| 建造物 | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会津若松周辺を散策

IMGP5133.jpg
会津若松駅に着き、跨線橋から辺りを見渡すと、右には磐梯山

IMGP5134.jpg
左には飯豊山が見えます。

IMGP5138.jpg
会津若松での最初の目的地は若松通商会津営業所。
秋葉原にある電子部品やパソコンなどを扱う若松通商の営業所で店名の由来となった地にあります。

IMGP5137.jpg
近くにあった建物で、道路に面して横向き、奥に続く住居部分と思われるエリアは縦に繋がる構造となっており、会津長野でも見受けられました。この地域の建造物の特徴なのでしょうか。二階のオーバーハングが魅力的です。

IMGP5140.jpg
道々、除雪車両が沢山留置されていました。

IMGP5143.jpg
長いスロープを上ると、

IMGP5146.jpg
山頂付近では会津若松の西に連なる山々。

IMGP5150.jpg
ここは飯盛山さざえ堂が佇んでいます。

山を下りたら、町の散策は続きます。

2019/2/11

PENTAX K-1
smc PENTAX-FA 28-105mm 1:4-5.6

| 街角 | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |