それ、いつ完成するの?

≫ EDIT

1980年(昭和55年)以前の小田急電鉄海老名駅

10月20日・21日の両日、小田急電鉄海老名駅周辺で、ファミリー鉄道展2012が開催されました。
私も、昨日行って来ましたが、好天も手伝って家族連れで大変賑わっていました。

さて、今をさかのぼること32年前、海老名駅はのどかなたたずまいでした。
この頃のフィルムを写真店でデジタル化してみました。

1980年頃の海老名電車基地

43960027.jpg

まずは、ホームでパチリ。
3100NSEが通過していきます。

43960028.jpg

この時代、各駅停車は列車種別が表示されていません。幕は、存在していましたが。

43960030.jpg

本日の、撮影目的1800形です。
この2枚は1806F。

43960031.jpg

43960032.jpg

ここから1805F。
台車

43960034.jpg

連結器とATS車上子付近

43960035.jpg

妻面連結付近

43960036.jpg

そして、顔

43960001.jpg

山側しか撮っていないので記録と言うには、ほど遠いですね。

変わって、1979年頃。

44010004.jpg

デニ1001

44010011.jpg

構内移動中の1800形

44010015.jpg

ここまで、PENTAX ME / smc PENTAX-M 1:1.4 50mm

ここからは、フィルムの劣化が進んでいます。また、カメラがリコーオートショットで、ピント合わせが難しかったのを覚えています。
その結果が、こちら。
9000形9409F

44000002.jpg

これも
2600形2659F

44000004.jpg

ぜんぜん駄目です。

44000006.jpg

5000形5161F、これはなんとかオッケーでしょうか。

44000009.jpg

2400形、洗車機を通過中

44000010.jpg

吊り掛けの4000形、4018F。

44000012.jpg

並木橋から

44000014.jpg

撮影時期は1973年から1978年の間で定かではありません。
スポンサーサイト

| 鉄道 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |